ヒカリからのお知らせ
株式会社ヒカリから商品情報やイベントなどの最新情報をお届けします。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
] page top
DATE: 2008/12/26(金)   CATEGORY: お知らせ
良いお年を!
いつもヒカリの製品をご愛顧いただき誠にありがとうございます。

深く深く感謝いたします。


本日をもちまして、年内の営業を終了とさせていただきます。

今年1年皆様には本当にお世話になりました。


年始の営業は1/5(月)からとなります。


何かとご迷惑をお掛けするとは存じますが、
ご容赦下さいますようお願い申し上げます。


来年も変わらぬご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。



良いお年を。。



スポンサーサイト
DATE: 2008/12/26(金)   CATEGORY: お知らせ
アテリア光 臨時休業
平素は、アテリア光に対するご好意を頂き、厚く御礼申し上げます。


アテリア光の年末年始の休業は、
弊社ホームページでもお伝えしている通り、


2008年12月26日(金)までは通常営業、

2008年12月27日(土)~2009年1月4日(日)が休業、

1月5日(月)より平常通り営業となります。


さらに、

2009年1月9日(金)

ヒカリ本社にて技術研修会が行われるため、
臨時休業とさせていただきます。



何かとご迷惑をお掛けするとは存じますが、
ご容赦下さいますようお願い申し上げます。おじぞうさん



DATE: 2008/12/12(金)   CATEGORY: お知らせ
チャンピオン使用率 №1

皆さんもご存知の通り、
この業界では大小様々なコンテンストが開かれています。

カット、ワインディング・・・etc

我々はハサミメーカーなので
創立40周年を機に大々的に「HIKARI EVOLVE」という
カットコンテストを開催した事もあります。


ここでは1冊の本をご紹介します。

200812121144000.jpg

その名も「ヘア&ビューティチャンピオンズ」


名立たるコンテストの優勝者のみを
サロンスタイル作りのスライド写真とともに紹介している本です。

200812121157000.jpg

こんな風に。


その中に「チャンピオン使用用具一覧」ページがあります。

200812121151000.jpg

シャンプー・リンスからロッドに至るまで、
どのメーカーのものを使用しているかというアンケートを集計した一覧です。


下の写真に注目してください!!

200812121152000.jpg

ヒカリ頑張ってます。



DATE: 2008/12/09(火)   CATEGORY: お知らせ
意外と浅いシザーズの歴史
今回はうんちくを語っちゃいます。


皆さん断髪令って知ってますか?
(文字通り髪を切りなさいっていうことですが・・・)


今でこそ男性も女性も様々なヘアスタイルを楽しみ、
そのお陰で理美容室がたくさんできて
私どもシザーメーカーの需要も出てくるわけです。

が、

断髪令(ちょんまげ禁止の法令)が発令されたのが
1871年(明治4年)のことですから、
ほんの140年も満たない前は男も女も髪は結うものであり、
カットとは伸びた毛をそろえる意味でした。

切るための道具にしてもハサミとは
和バサミ(握りばさみ:今も裁縫箱にあるかもしれませんね)を指し、
現在のようなハサミは西洋バサミと呼ばれ、
ヨーロッパから入り断髪令以降普及したものです。


文明開化はまず髪型からと、
ちょんまげを切った後のヘアスタイルを当時、散髪(ザンパツ)といい、
理容室が「散髪屋(さんぱつや)さん」とよばれたのもその辺からです。

もっとも関東では床屋と言われる事が多いようですが、
その昔は美容室は「髪結い処」ですから、
こんなところも歴史を感じさせ、なかなか興味深い話ですね。

200812091703000.jpg

ですが、長くしなやかな髪はそれだけで女性らしく、
男性にも女性にも好ましく思われるのは、古今東西変わらないようです。

断髪令も女性は対象外で、
近代まで女性はロングヘアーを保ってきました。


それが変わったのは何といっても「女性の社会進出」が機のようです。


世界経済の発展など女性が家から出て働くようになり、
女性らしさを保ちながらも時間のかからないヘアスタイルの
需要が生まれた結果が、パーマでありサッスーンなどによる
理論的シザーズカットの普及なのです。


そう考えると美容でのハサミの使用はここ30~40年という事になります。


今では極々当たり前のことも
長い歴史からみればつい最近のことですよね。

しかし、その進化のスピードたるや凄まじいものがあるのではないでしょうか。


今この瞬間もカットの技術は進歩しています。


技術の進歩が新しい道具(ハサミ)を産み、
道具の進化が新しい技術(カット)を産む。

そんな関係を築いていけるメーカーになるよう頑張ります。。




DATE: 2008/12/01(月)   CATEGORY: お知らせ
新・視点Ⅲ
またまた「ヘアーサロンジャーナル」です。


写真の通り、今回は最新号の情報です。

200812012149000.jpg


<シザースの切れ味を持続させよう>というテーマです。

実はちょっとした事で長切れさせる事ができるんです。


記事には答えが書いてあります。

200812012150000.jpg



10/16のブログも読んでみてください。

たまたま関連した内容です。。




Copyright © hikari co., ltd. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。